前へ
次へ

交通事故の慰謝料は基準によって変わります

ドライバーは誰しもが交通事故を起こしてしまうリスクを持っていますが、同時に被害者になってしまう可能性もあります。どんなに安全に運転をしていても、衝突されたりしてしまえば、事故から逃れる事は難しいです。交通事故の被害者になった時に重要になるのが、慰謝料を相手からどの程度受け取れるかです。例えば被害者のドライバーが、一家の大黒柱で家計を支えていた時等は、慰謝料をしっかりと貰えなければ、生活が困窮してしまう可能性があります。そんな交通事故の慰謝料の額は、基準によって大きく変わってきます。自賠責保険基準は、自動車損害賠償保障法によって定められている損害賠償金の基準ですが、受け取れる慰謝料が少額になる傾向にあります。任意保険基準は、任意保険会社が独自に設けている損害賠償の基準になりますが、自賠責保険基準よりは、賠償金が多くなる傾向があります。裁判所基準は、過去の交通事故裁判の支払い判決に基づいた損害賠償の額が賠償金の基準になるので、最も高い水準の賠償金を得る事ができる可能性があります。

Page Top