前へ
次へ

交通事故の過失割合は誰が決めるのか

交通事故が起きるケースとしてはまず誰かが交通違反を犯しているときがあるでしょう。その時は交通ルールを守っている人が巻き込まれるときもあります。そして一応交通ルールは守っていながらちょっとしたタイミングのずれで起きてしまうものもあります。起きてしまえば何らかの形で誰かに問題が出てくるのでしょうが、起きた時点では互いに自分は悪いと考えていないケースが多いです。交通事故では過失割合と呼ばれる数字が提示され、それによって損害賠償するのが一般的です。どちらが悪いのかわかりにくいのが左折の対応で、一応優先車線などはあるものの譲り合う気持ちが無いとトラブルは起きやすいです。起きてしまったらその後過失割合が決められてそれに基づいて損害賠償を行いますが、誰が過失割合を決めるか気になるでしょう。示談で決着するときは保険会社が過去の例などから決めることが多いとされています。警察が調査などをするものの、そこで過失割合が決まるわけではありません。裁判などにもつれると警察の資料などから判断される可能性があります。

Page Top